2012年03月02日

海外デビュー

CIMG3134.JPG

友達とハワイへ行ってきました。
今まで海外へ言った経験がなく、このままではマズイと感じていた30男。
後ろ髪を引かれる思いでしたが、周囲の理解と、31歳の誕生日を海外で過ごす!という強引な動機づけで自らの背中を押し、行って参りました。

色んなものを見て感じて、友と語り、本を読む、ゆっくりとした時間。
一から自分を見つめ直す事が出来ました。
そのなかで感じたことを忘れたくないので、延々と羅列していきたいと思います。

「ユダヤ人大富豪の教え」(本田健)
という本を読んで感じたこと。

今の自分は一番好きなこと、やりたい事を仕事にできている。
何て幸運な人間なんだろう。

そう思うと周りへの感謝の気持ちがフツフツと湧いてきた。
子ども達、保護者、スタッフ、仲間、恩人、地域の人々、数え切れないほどの顔が浮かんできた。

自分はこの人達の為に、何をしてあげられるんだろう。
とてつもないパワーが湧いた。

境界線を作っているのは自分自身なんだ。
もっとボーダーレスに、たくさんの人の喜ぶ顔が見たい。
いろんなアイデアが浮かんだ。
でも喜びの価値観は、人それぞれ違うことも理解しておこう。

何年後、自分はどんな男になって、どんな人生を送っていたいのか。
なんとなくではダメ。具体的な目標設定が必要だ。
目標設定の大切さ、やり方を子ども達に伝え、それを背中で証明していきたい。

どのように決断していけばよいのか。
決断することに間違いはない。
間違った時のリスクを恐れ、決断を先送りにするという選択は、チャンスをゴミ箱に捨てるのと同じ行為。
間違うリスクをおかすことこそが、一番リスクが少ない選択なんだ。

これからの人生はどこへ向かうのか。
自分が発する言葉やイメージを指標に、人生は導かれていくもの。
冗談や照れ隠しで、ネガティブな事を言ってしまうクセをやめよう。
そして大声で夢を語ろう。

現地の人を見て感じたこと。
初対面でもみんなコミュニケーションをとるのがうまい。
自分には足りないところ。
初対面でもハイ!をきっかけにすぐ関わり合うことができる。
英語が聞き取れて話せたら、そこから会話が生まれ、もっと世界も拡がっていくのにな。
日本でもオープンなマインドで、相手と関わり合っていくことを心掛けよう。

今こうして生きていられるのは、100%家族のおかげ。
一番感謝しなければならない相手は、親なんだ。
それを再確認した時、胸が熱くなって涙が止まらなくなった。
恥ずかしがるのはもう卒業して、その気持ちを表現していかないと。
今度は親を連れてまた来たいな。

2日間かけて文章をまとめたおかげで(途中消えて一からやり直しあり汗)、
ハワイ旅行を全て自分の財産にすることができました。
円高なので財布安く買えるなーくらいのノリだったけど、それ以上に得たものは大きかった。
世界中を旅したくなりました。
中田ヒデさんが羨ましいです☆




ジーズ富山FC 公式ホームページ
ジーズフットボールコミュニティ
http://area-5star.com/gs/index.html






posted by 長谷川太一 at 12:05| 富山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいねーたいち!
俺もその想いになったとき
ものすごいPowerUPしたの覚えとる。
求めず与える生き方をしようと
決意したとき。
文だけで、たいちのPowerを感じたので
コメントしました。
がんばろうぜ!
Posted by 憂真 at 2012年03月02日 22:33
クールそうな憂真さんが、
「アツさを表現するの、今は全然恥ずかしくないし、そうじゃないとやっていけんやろ」
と言った時、めちゃカッコイイと思ったし、モロ影響を受けました。
これからもカッコイイ先輩達の後輩でいさせて下さい!

Posted by 太一 at 2012年03月04日 20:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。