2009年02月09日

スポーツ指導者講習会

n.jpg
県教育委員会が行うスポーツ指導者講習会を受講し、昨日で無事修了しました。
計5日間の過程で、中でも「発育期に多いケガについて」と「AED講習」が印象的でした。
ケガをしてしまった時、医者に行くべきかどうかの判断はとても難しいですよね?
スポーツドクターの方が言うには「3日以上、3週間以上を目安に判断して下さい」との事でした。
3日以上痛みが治まらない場合は診察してもらう、
3週間経過してもまだ完治してない場合は、見落としがある可能性もあるのでもう一度再診してもらう事が大切だそうです。
高校生や大人になってからも痛む部位というのは、ほとんどが小・中学生の頃に完治されなかったケガが原因。
ケガは完治できる一定の期間を過ぎてしまうと、長期間休みが必要になったり、完治できなくなるものもあります。
僕も未だに痛みを感じる部位がたくさんあるし、それはしっかりと治さなかったのが原因だと言われました。
ケガに臆病になり過ぎるのも良くないけど、何も知らずに放っておくとその後の人生を左右しかねません。
自分の経験からも僕ら指導者は、その事を肝に銘じておかなければと思います。
もう一つの問題は、「どこの医者に診てもらうか?」です。
自分で「私は〇〇が得意な医者です!」とは言ってはいけない決まりがあるらしくて、看板などが出てないのはその為のようです。
僕はどうしても知りたかったので、スポーツドクターの居場所を間接的に調べる事に成功しました(笑)グッジョブ☆

AEDの取り扱いも勉強できてよかったです。
そんな場面に遭遇しないことを祈りますが。
救急箱のバンソコがなくなったので、買ってきまーす。








posted by 長谷川太一 at 14:53| 富山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしも勉強になりました。
3日と、3週間ね!
Posted by kei at 2009年02月09日 17:10
走りすぎには注意ですよ!
Posted by 長谷川 at 2009年02月09日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。